不動産 青色申告関連情報

不動産青色申告は手続大変ですが税金が安くなります

不動産青色申告は白色申告と比較した手続きが大変ですが税金は安くなります。白色申告の場合は、必要な届け出はありません。記帳の方法も単式簿記で、税制上のメリットもありません。青色申告の場合は10万円の少額控除と65万円の控除2種類がありいずれも、届け出をしなければなりません。開業届・青色申告承認申請書、記帳の方法は10万円控除と65万円控除では異なり、10万円控除では白色申告と同じ単式簿記、65万円控除の場合は複式簿記とさらに損益計算書、賃借対照表の提出が必要になります。税制上のメリットは、10万円控除は、青色事業専従者給与、赤字3年間繰り延べなど、65万円控除も同様なメリットがあります。不動産所得は収入から必要経費を差し引くことで算出します。さらに一定金額を差し引くことができます。差し引ける金額は事業的規模(室数10室以上、または5棟、駐車場経営の場合は50台以上)の経営になります。記帳の方法や提出物などで大変ですが税制の部分では優遇されます。