不動産 青色申告関連情報

不動産の所得と青色申告

所得を得ている人は毎年国に確定申告をする必要があります。税金を支払うために収入がどれだけあるのか申告する必要があるからです。確定申告という制度があるからこそ、誰もがその人の収入に応じて正しく税金を支払うことができるのです。この確定申告という制度ですが個人が所得税を支払うために税務署に提出する確定申告書には二つのものがあります。一つが普通のもので、もう一つが青色申告と呼ばれるものです。後者のものは確定申告をする個人なら誰でも提出できるかといえば必ずしもそうとは限りません。個人がそれをするには一定の条件が必要になるのです。ではそのための条件とは何かといえばそれはその人の収入によります。一定の種類の収入を得ている人だけが青色申告ができるのです。そうした収入としては事業所得や不動産所得、山林所得があります。つまりアパートやマンションなどの賃貸で収入を得ている個人事業者などが青色申告をできるのです。