不動産 青色申告関連情報

不動産所得の申告と青色申告

事業を営む場合、取引の詳細を正確かつ公正に記録することが義務付けられています。青色申告とは、税務署の指導および承認を受けつつ、所定の方式によって日々の取引を正確かつ公正に記帳して、それに基づいて所得を申告する制度です。一方、この方式によらない申告制度を白色申告と言います。青色申告による申告制度を採用する場合、税務上の特典を受けることができます。例えば、不動産を所有して、賃貸料などの所得がある場合は所得税を納付する必要がありますが、青色申告特別控除が適用されて、所得金額から最高65万円の控除を受けることができます。そのためには、正規の複式簿記によって記帳して、作成された損益計算書および貸借対照表を添付して申告期限内に申告する必要があります。また、欠損金の3年間の繰越が認められます。これは、不動産所得が赤字になった場合は所得税は発生しませんが、3年以内の赤字を累積して、黒字となった金額と相殺した金額から所得税を計算します。例えば、昨年度が100万円の赤字の場合、本年度が300万円の黒字であれば、差し引き200万円が課税対象の基礎金額になります。